【ワンピース 947】最新話 マムの記憶が遂に復活してクイーンの運命は!? ルフィの流桜が遂に伝授される!?

みなさん、こんばんは!

考察機動隊のカイリです。

やっと来ました、ワンピース947話。

ワンピース947話は、どんな展開になっているか楽しみですね。

そんなワンピース947話の中身を詳しくみていきます。

最後までご覧ください。

最初は回想からスタートです。

ルフィは昔、レイリーが奴隷の首輪を破壊したことを思い出します。

そして、自分の今出した力はあの時のレイリーと同じ力であると確信します。
しかし、必死の思いでやった為どうやったのかは思い出せない状態です。

ルフィの見せた力は、自分の教えられる桜流をもう超えているとヒョウじいはそう思っているようです。
なので、必ずビッグマムの攻撃を止めて、覚醒し、兎丼を救えるだろうと確信している様子です。

ビッグマムの攻撃がルフィに襲い掛かろうとするが、ルフィは避けようとしません。

ルフィは、流桜を意識しようとして覇気を纏って対応しようとします。

ビックマムの攻撃をまともに受け、吹き飛ばされてしまったルフィとヒョウじい。

崖にめり込む二人をみて、観衆はそんな事だと思ったと騒いでいます。

ようやく抜け出したルフィは、ヒョウじいを引っこ抜きます。
おしるこの恨みからか、マムはルフィとヒョウじいの背後から忍び寄って一気にとどめを刺そうとします。

そんなピンチの状況でも、自分が教えられるのは、外に大きく囲む、

流桜、すなわち覇気だと、瀕死状態でルフィに話すヒョウじい。

ルフィが首輪を壊せたのも、覇気が首輪の内部に到達し、内側から破壊していたからだと言っています。

ヒョウじいは、既におぬしは、大きく外側に囲む覇気を習得したが、まだ無意識なだけという言葉を残して、
そこで力尽きてしまいます。

マムの攻撃に、ルフィとヒョウじいは再度吹き飛ばされてしまいます。

そして場面は変わり、通信が途絶え、パニックに陥る観衆たち。
その時、地鳴りが聞こえ更にパニックになってしまいます。

地鳴りの正体は、暴れ狂うビックマムが無双しています。
門を破壊し、囚人製鉄所の方へ向かうビックマムに観衆たちは大慌てです。
クイーンにも止められなかったのに、自分たちには到底太刀打ちできないと唖然としています。

暴れまわるビックマムを横目に、クイーンが機転を利かせます。

自分にいい作戦があるが、チャンスは1回だけだとクイーンは言います。

ビッグマムはイノシシだ!一直線に兎丼へと進み、必ずここに戻ってくるはずだと言います。

相変わらずルフィを追いかけまわして暴れまわるビックマム。
ビックマムが戻ってくる事を想定し、めっちゃ上のほうに待ち伏せていたクイーン。

しかし、ビックマムは目の前にある、おしるこの樽に夢中です。

 ブラキオボンバー!

ブラキオサウルス化したクイーンが、ビックマムの頭をめがけて飛び降りヘッドバットをします。

クイーンの攻撃を脳天に受けたビックマムは、激しい頭痛そして動機に見舞われる。
クイーンの攻撃の衝撃で、すべての記憶が蘇ってきたビックマム。
そしてクイーンに、お前はカイドーの手下だな?と問いかけます。

あきらかにさっきとは違うビックマムの雰囲気に怯えるクイーン。
観衆もビビってしまい、ガタガタ震えだします。死兆星が見えます。

だがしかし、その時ビックマムは突然倒れこみ、いびきをかいて眠ってしまいます。

そのすきに、ビックマムに海楼石でできた手錠をはめ鎖を巻き、船に乗せるクイーン。
ババヌキに後の事はすべて頼むと言い残し、鬼ヶ島へ向けて船を出港させてしまう。

通信も途絶え完全に隔離状態となってしまった兎丼。

そこで自由になったルフィは、兎丼は俺がいただくと言っています。

本日の内容はここまでです。

いかがでしたでしょうか。

みなさんからのコメントをお待ちしています。

みんなで楽しいチャンネルにしていきましょう。

考察機動隊のカイリでした。

チャンネル登録・高評価をよろしくお願いします。

また次回を、楽しみにしておいてください。

ご視聴ありがとうございました。