【キングダム 588】最新話 桓騎の秘策がズバリ!! 潜入した本当の真意とは…

お帰りなさいませ、ご主人様。

考察メイドのリムルです。

本日のラインナップはこちらです。

今週のキングダムの展開でとっても気になる点は、桓騎軍の動きですね。

こっそり伏兵を潜入させてきた部分が今後に関わってきそうです。

そんな桓騎軍の動きに迫って見たいと思います。

最後までご覧ください。

1.

伏兵

伏兵として、鄴の中に潜入した王翦の兵がいます。

ここでやっと動き出した展開は、おそらく李牧に察知させないようにするためだと思います。

兵糧をこのタイミングで責められたら、李牧はとても焦ると思います。

李牧は人を油断させるために行動する人物ですが、

その戦略を逆手に取られてしまう戦略となります。

イナゴの中にスパイがいることを探せなかったのは、

李牧の大きなミスと言えますね。

相手に姑息な戦略家・桓騎がいることの警戒不足だと思います。

2.

大打撃

潜入したイナゴをどう活用するかを考えると、

ここで兵糧を焼くことをするのが一番手っ取り早いと言えます。

兵糧を焼かれるという展開は、秦も一度やられており、大打撃を受けました。

それをそのままそっくり返すということです。

しかし、何万人も入れるような兵糧がある場所なので、

一斉に焼くのもめちゃくちゃ大変だと思います。

それが出来たら、趙は本気でピンチです。

もう一つ考えられる手は、外からの乱入です。

中のイナゴが桓騎軍だとしたら、

中の扉を開けて援軍を受けることが出来れば、

一気に兵糧を燃やすことが十分可能です。

そんな展開も考えられそうです。


3.

実行後

もし、イナゴの中にいるスパイが活動を実行することをしたら、

李牧は本当にヤバいです。

ましてや、実行犯が桓騎軍だとしたら、

無造作に一般人も倒していきます。

そうなると、民衆のことを考えると、

このまま抗っていても危険な状態になります。

黒曜の戦いの二の舞になりかねません。

そのリスクも考えると、実行後に降伏する可能性も十分高そうです。

その展開が二日後に起こるかもしれません。

本日はここまでです。

いかがでしたでしょうか。

やはり桓騎軍は改めて敵に回すと怖い武将だと感じました。

スパイの伏線は桓騎軍ならではですね。

こういう伏線があるからこそ、秦の強さに繋がるのかなと思います。

そしていつか、私も王宮に仕えたいです。

その他、視聴者さんからの、こんなキングダム考察できましたというようなお話も募集してます。

是非コメントしてくださいね。

私が紹介しちゃいますよ。みんなで楽しいチャンネルにしていきましょう。

皆さんからのご応募、お待ちしています。

チャンネル、ラインアット登録、高評価をよろしくお願いします。

ラインアットでは最新の情報を送っちゃいます。

また次回を楽しみにしてください。